『南三重 したみち よりみち バイク旅フェスティバル 2017』イベントレポート 2017年10月1日(日) 宮リバー度会パーク
南三重 したみち よりみち バイク旅 フェスティバル 集合写真

祝・第2回!“宮リバー度会パーク”に、今年も約3,700人が集合!!

“南三重 したみち よりみち バイク旅”プロジェクトにとって、集大成とも言えるフェスティバル。昨年も大成功に終わったこのイベントが、今年は10月1日(日)に開催されました。

会場となったのは昨年と同様、三重県・度会町にある“宮リバー 度会パーク”。当日の天気は朝から気持ちのよい晴れ間が広がり、絶好のイベント日和の中で会場がオープンしました。受付ブースには長い行列が続き、来場者記念品として先着1,000名に用意されたお守り風キーホルダーは、昨年度よりも早いペースでなくなっていき、午前10時半ごろには配布終了。来場者がピークを迎えたお昼ごろには、芝生広場にたくさんのライダーがあふれました。

今年のフェスティバルは、このプロジェクトに参画する南三重10市町から“ご当地グルメ”が集結。まさしくグルメフェスさながらの盛り上がりで、来場者は南三重ならではの味を堪能。会場内のあちこちで「これウマい!」という声が上がりました。また、バイク系企業も16ブースが出展し、会場内を賑やかに彩りました。

ステージも、地元の太鼓チームによる歓迎の演奏、ゆるキャラの登場、ゲストによるツーリングトークショーなど“南三重を知る”メニューが盛りだくさん。三重県外からも多数詰め掛けた来場者も南三重の魅力に触れることができ、きっとツーリングの参考になったはず。

今年のフェスティバルは終了したもののモバイルツーリングスタンプラリーハッシュタグキャンペーンは現在も継続中。さらに11月26日(日)には南三重の3ヶ所で延期になった“カフェミーティング”の開催も控えており、このプロジェクトはまだまだ楽しめます!!

昨年を超える勢いで続々と集まるライダーたち! 来場記念品として先着1000名様に南三重オリジナルキーホルダーをプレゼント。受付ブースには長蛇の列ができました。

二輪関連企業は16ブースが出展。どのブースも会場オープンから終日ライダーで賑わいを見せました。

南三重10市町のご当地グルメをその場ですぐに味わえるグルメエリアも大盛況。完売の品も続出!

地元の太鼓チーム「伊勢乃國 鏡太鼓」による演奏で幕を開けたステージ。南三重のゆるキャラもズラリと登場して、大人も子供も大興奮。

昨年のフェスティバルに続き、MCは柴田奈緒美さんと末飛登さん。息のぴったり合った軽快なトークで会場を盛り上げてくれました!

フリーペーパー「南三重ツーリングガイドver.2017」の編集長と共に、ガイドのツーリングページを担当した、ときひろみさんと柴田奈緒美さんを迎えてのトークショーを開催。さらに南三重10市町の観光担当者も登壇して、南三重ツーリングの魅力をPR。

ホンダさんのキッズバイク体験コーナーは、列が途切れることなくスタッフも大忙し。「バイクに乗れて嬉しい!」と、子供たちから大人気。

会場の出店ブースからご提供いただいた品をかけての大ジャンケン大会。キャップやTシャツ、ウェアなど豪華な賞品に会場もヒートアップ

ステージのラストイベントは、「お菓子まき&もちまき」。スタッフが来場者の皆さんに感謝の意を込めて振る舞いました。たくさんのご来場、ありがとうございました!!