『南三重 したみち よりみち バイク旅』フェスティバル イベントレポート 2016年11月20日(日)
南三重 したみち よりみち バイク旅 フェスティバル 集合写真

度会町の“宮リバー度会パーク”に約3,000人が集合!!

“南三重 したみち よりみち バイク旅”プロジェクトの集大成でもあるフェスティバルが、2016年11月20日(日)に開催されました。会場となったのは、度会町にある“宮リバー度会パーク”。朝には霧がかかっていましたが、太陽が高くなるにつれて霧も晴れ、絶好のイベント日和となりました!

会場オープンの9時前から受付には長い列ができ、お昼ごろには来場者の波がピークを迎え、終始途切れることなくライダーが集結。何ヶ所にも用意された駐車場は次々に満車に! ライダーだけでなく、「何かイベントをやっているらしい」という感じで訪れる地元の人たちも多かった様子。来場記念品として先着1000名様に用意した「ツーリングフォトカレンダー」は午前中にはすべてなくなり、来場した人たちからも「こんなにたくさんのライダーが集まるとは…」と驚きの声があがりました。

会場にはバイク系企業が26ブース、そして飲食系14ブース。ステージでは、度会町の太鼓チームの演奏、ゲストによるトークショー、じゃんけん大会、餅まきなどを行ない、大いに盛り上がりました!

このイベントをきっかけに、南三重の魅力を知った人も多いはず。ぜひこれからも、南三重のツーリングを楽しんでください!!

次々にやって来るライダーたち! 地元の人も来場者も、この数には驚いていました

ステージでのMCを務めたのは、末飛登(マヒト)さんと、柴田奈緒美さん。バイク業界ではおなじみのコンビで、お二人とも会場までバイクで来場!

現在、南三重で実施中の「モバイルツーリングスタンプラリー」。このスタンプラリーで2個以上のスタンプを集めている人(先着100名様)に「焼きあっぱっぱ貝」をふるまいました!

河原エリアでは、「賀曽利隆さんと焚き火を囲む会」を開催。点火をしたのはもちろん賀曽利さん! 焚き火を囲んでバイク談義に花が咲きました

ステージイベントは、地元・度会町の太鼓チーム「伊勢乃國鏡太鼓」による演奏でスタート

ステージに登場したゆるキャラたち。左から、たいみー(南伊勢町)、たままるくん(玉城町)、にいひめちゃん(熊野市)、ティーナ(度会町)

最初のトークショーに登場したのは、賀曽利隆さん(右)と、バイク雑誌「風まかせ」編集長の斎藤直人さん

バイク雑誌などで活躍中のタレント、ときひろみさんも登場。トークショーの後には握手会も開催

キッズバイクコーナー。ヘルメットやプロテクターなどもしっかり用意され、たくさんのお子様が体験

会場にはさまざまなブースが。バイク関連企業のブースをチェックして、お腹が空いたら飲食系のブースへ

盛り上がりコンテンツその1、じゃんけん大会! 豪華賞品をかけて「じゃんけんぽーん!」

盛り上がりコンテンツその2、餅まき! 子供限定の「菓子まき」も行ないました!